Shop

ハイエンドモデルに匹敵するAF性能

高性能な像面位相差AFシステムを搭載し、ハイエンドモデルに匹敵する優れたAF性能を実現しました。AFの精度や動体追従性が向上したうえ、C-AF中央優先・中央スタートなどの機能も追加。さらに使いやすいAFに進化しています。


E-M1 Mark IIの像面位相差AFシステムを採用

イメージセンサーに像面位相差AF対応の20M Live MOSセンサーを、画像処理エンジンに高速なAF演算が可能なTruePic VIIIを搭載。E-M1 Mark IIと同等の像面位相差AFシステムを採用することで、高速かつ高精度なAFを実現しています。

  • 20M Live MOSセンサー
  • 画像処理エンジンTruePic VIII

プロフォトグラファーが認める高性能AF

プロの要求に応えられる高性能なAFを実現しました。多くのプロフォトグラファーが「高性能AFである」と評価しています。

  • S. Joe Srisawathsak
    ポートレート写真を撮る際に一番重要なのは正確なフォーカスとそのスピードです。その点E-M5 Mark IIIは素晴らしいAF性能を発揮します。開放F1.2のレンズで撮影しましたが、すべての画像のピントが適切に合いました。しかも瞳優先AFと顔優先AFを使えば簡単にピントが合います。またタイムラグを感じることなく撮影を続けられます。
  • 清水 哲朗
    E-M5 Mark IIIはE-M1 Mark IIと同じイメージセンサーと画像処理エンジンTruepic VIIIを搭載しているので、同様のAF速度や追従性と質の高い画質が得られる。刻一刻と暗くなる時間帯はAF条件としては厳しいがE-M5 Mark IIIはしっかりと被写体を追従している。

121点オールクロス像面位相差AFセンサー

オールクロスセンサーの採用により、被写体の模様に影響を受けず、確実なピント合わせが行えます。また、像面位相差AFは光束の制限がないため、F1.2などの大口径レンズを使った場合でも高精度なAFが可能です。


高精度AF

顔や被写体の色、形など、あらゆる情報を活用することでAFの精度が向上しました。暗いシーンや低コントラストな被写体でも、より確実にピントを合わせられます。

  • 遠近の被写体が混在しているシーンでも背景抜けしにくいシングルAF(S-AF)を実現

優れた動体追従性

AF/AE追従で最高10コマ/秒の高速連写に対応(静音連写L)

露光中にもAFを継続することで連写中の動体追従精度が向上しました。動き回る被写体を連写する場合でも、思い通りにピントを合わせ続けられます。

  • 一眼レフカメラの連写中のAF動作
    AFセンサーからのAF情報を使って測距を行う。撮影中はミラーアップするため測距ができない
    1. AFセンサーからのAF情報
    2. ピント位置
    3. AF測距中
    4. ミラーアップAF測距不能
  • E-M5 Mark IIIの連写中のAF動作
    ライブビュー画像からのAF情報だけでなく、撮影画像からのAF情報も活用して測距を行う
    1. LV画像からのAF情報
    2. 撮影した画像からのAF情報
    3. ピント位置
    4. 追従性能の大幅な向上
    5. 撮影静止画
    6. LV

AFターゲットモード

被写体の動きや大きさにあわせて、6種類のAFターゲットモードを選択できます。

  • シングル:静止している被写体や小さな被写体の撮影。風景、三脚を使った撮影など
  • グループ5点:動きのある被写体で9点では広すぎる場合。サッカーやラグビーの撮影など
  • グループ9点:動きのある被写体。飛行機やスポーツの撮影など
  • グループ25点:動きのある被写体。121点では広い場合。鳥、小動物の撮影など
  • 121点:とっさの撮影や被写体が画面全体を動き回る場合など
  • スモール:より細かなポイントにピントを合わせたい場合など

C-AF中央優先・中央スタート

被写体の動き方や速度にあわせて設定することでAFの追従性を高める、C-AF中央優先とC-AF中央スタートを搭載しました。比較的動きが読める被写体はC-AF中央優先が、移動が激しくシングルターゲットでは追い続けるのが難しい被写体はC-AF中央スタートが便利です。

  • C-AF中央優先:グループターゲット選択時に常に選択エリアの中央を優先してAFを行う設定。中央でAFができない場合、選択エリアの周辺のAFターゲットを使用する
  • C-AF中央スタート:オールターゲット(121点)、ならびにグループターゲット選択時に最初のAFを選択エリアの中央で行う設定。その後は選択エリア内でAFが動作する

動体追従クラスター表示

ピントが合った部分のAFターゲット枠を緑色で表示し続けます。動く被写体に対して、どこにピントを合わせているのかをリアルタイムで確認できます。

  • オールターゲット選択時
  • AFターゲット表示がON2に設定されている場合

ファインダーでもモニターでもスムーズなAF撮影が可能

ファインダーを覗きながらモニターのタッチ操作でAFポイントを動かせるAFターゲットパッドと、モニターをタッチした位置でピントを合わせてシャッターを切るタッチAFシャッターに対応。ファインダー撮影とモニター撮影の両方でスムーズなAF撮影が可能です。

  • AFターゲットパッド
  • タッチAFシャッター

ポートレート撮影で威力を発揮する顔/瞳優先AF

人物の顔・瞳を自動的に検出し、正確にピントを合わせます。


高速AFを可能にするレンズ設計

フォーカシングでもっとも大きな時間を占めているのはレンズの駆動です。高速でレンズ駆動を実現するための設計を徹底することで、素早いピント合わせを実現しています。

  • 高速、高精度でフォーカシングを実現するための小型軽量フォーカシングレンズ設計
    1. フォーカシングレンズ
  • 高速・高精度・静音で駆動可能なアクチュエーターの採用
    1. ステッピングモーター
    2. 送りネジ
    3. 金属軸
  • 写真はイメージです。
  • モニター画面は、はめ込み合成です。

ソーシャルメディア公式アカウント

  • Facebook
  • Olympus Live YouTubeチャンネル