OM-D プロギャラリー

a Day with Railways

4人の鉄道写真家が、優れた機動力を誇るOM-Dシステムとともに、車両や駅舎などをそれぞれの視点で撮影。鉄道写真の楽しみが広がるギャラリー。

機動力 撮影領域を広げるミラーレスシステム

鉄道撮影の心得

  1. 社会的ルールを遵守し、事故や危険のないよう、駅や沿線での撮影を楽しみましょう。
  2. 撮影者が多い好適な撮影地では無理な場所取りをせず、譲り合う心を大切にしましょう。
  3. できるだけ鉄道を利用した撮影プランを組みましょう。

鉄道撮影時の注意点

  1. 鉄道運行の妨げになる行為は止めましょう。
    1. 線路内に立ち入らない。線路に接近した場所での撮影や、柵に寄りかかったり、登ったりしない。
    2. ホームでは安全な場所で撮影をする。発車、進入する列車にも気をつける。
    3. 営業している列車に向けてフラッシュは光らさない。
  2. 一般の方、地域の方に迷惑をかけないようにしましょう。
    1. 農地(田畑・牧草地・山林等)や宅地など、私有地に立ち入らない。
    2. 公園等で柵やロープが張っている場所に立ち入らない。柵やロープを越えての三脚の設置はしない。
    3. 田畑やあぜ道を踏み荒らしたり、草を刈ったり枝や幹を切るなど、環境を変えることをしない。
    4. 三脚や荷物が邪魔にならないようにする。人や車が通る時は、撮影を中断して通行を優先する。

OM-D鉄研

オリンパスは、マナーを遵守して、OM-Dならではの機能を活かして鉄道撮影を楽しんでいただけるよう、様々な企画をしていきます。

ソーシャルメディア公式アカウント

  • Facebook
  • Olympus Live YouTubeチャンネル