一眼トップクラスの高画質

高い光学性能が定評の「ZUIKOレンズシステム」。その実力を余すところなく引き出す新開発の「20M Live MOSセンサー」と「画像処理エンジン TruePic VIII」。さらには高度な制御技術が実現する新開発の「手ぶれ補正機構」が一体となり、一眼トップクラスの画質を提供します。


新20M Live MOSセンサー&新画像処理エンジン TruePic VIII

新20M Live MOSセンサー

新開発の20M Live MOSセンサーは、画素特性の改善による階調表現の向上と、画素光学系の最適化による高感度時の高画質化を達成。またセンサー上に反射防止膜(ARコート)を施すことで、フレアやゴーストの軽減も実現しています。新センサーで高速読み出しが可能になったため、動画撮影時などに発生しやすい動体歪みも少なくなりました。

新画像処理エンジンTruePic VIII

新画像処理エンジンTruePic VIIIは、画像処理専用のクアッドコアと、カメラの制御や演算処理を行うクアッドコアの2種類を1つのチップに凝縮。センサーの読み出しやAF処理、画像処理などを並列処理する最新のプロセスにより、高速化と低消費電力化を実現しました。

  • 20M APS-C機, ISO200
  • 20M フルサイズ機, ISO200
  • E-M1 Mark II, ISO200

高感度撮影時の画質が向上

新20M Live MOSセンサーと新画像処理エンジン TruePic VIIIの進化により、高感度撮影時の画質が飛躍的に向上。常用感度(ISO AUTO時)をISO6400まで拡大しました。高感度でもディテールを残したままノイズが少ない映像を手に入れることができます。

F4.0、1/200秒、ISO6400

ISO LOW(ISO64相当)に対応

新開発の20M Live MOSセンサーにより、ISO LOW(64相当)が利用できるようになりました。スローシャッターを活かした写真表現が楽しめます。

豊かなダイナミックレンジ

明暗差の大きなシーンでも滑らかな階調表現が可能です。

反射防止膜コート(ARコート)

イメージセンサー上にあるシールガラス両面に反射防止膜(ARコート)を採用。ゴーストやフレアの発生を最小限に抑えます。

  • ARコートなし
  • ARコートあり

50Mハイレゾショット

美術品や風景など、より高解像の写真が求められるシーンの撮影に適した機能です。0.5ピクセル単位でセンサーを動かしながら、8回撮影した画像をもとに50Mセンサー相当の高解像写真を生成します。撮影には解像力の高いM.ZUIKO PROやM.ZUIKO PREMIUMレンズを使うことで、より高い効果を得ることができます。新画像処理エンジン TruePic VIIIにより、被写体の動きによる画像の乱れを効果的に抑制できるようになりました。ファイル容量を抑えた25Mセンサー相当での撮影も可能です。

RAW現像について

  • RAW+JPEGモードでは、50M JPEGまたは25M JPEG、80M RAW(ORF)、20M RAW(ORI)の3種類が保存されます。
  • 80M RAWは、カメラ内で50M JPEGに現像できます。またOLYMPUS Viewer 3で80M JPEGに現像できます。
  • 20M RAW(ORI)は、カメラ内での再生・現像ができません。OLYMPUS Viewer 3で閲覧・現像が可能です。
  • OLYMPUS Viewer3 ver.2.0(64ビットOS環境)で、ハイレゾショットのRAW現像が可能です。
  • 20M RAW(ORI)は、8枚撮影されるRAWのうち1枚目のデータです。
  • 撮影には三脚が必要です。
  • 撮影中に被写体が動くと、動いた部分の解像が低下する場合があります。
  • 交流光環境下では、フリッカーの影響で解像しません。
  • 絞りは開放からF8、シャッタースピードは1/8000秒から60秒、ISO感度はISO LOWから1600の間で設定できます。
  • フラッシュ撮影は同調速度を1/50秒よりも長秒側に設定してください。
  • アートフィルター、多重露光、ライブバルブ/コンポジット、インターバル撮影、HDR、各種BKT、eポートレートには対応していません。

世界最強6.5段[1]を実現する手ぶれ補正機構

5軸手ぶれ補正

あらゆる種類の手ぶれを補正する新型のボディー内5軸手ぶれ補正機構。レンズ内手ぶれ補正と組み合わせて使用する「5軸シンクロ手ぶれ補正」において、世界最強6.5段[1]の手ぶれ補正性能を実現しました。ボディー内5軸手ぶれ補正単体でも5.5段分[2]という高い補正性能を誇ります。

  • 1: 使用レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO、焦点距離:f=100mm (35mm判換算 f=200mm)、半押し中手ぶれ補正:OFF、CIPA規格準拠 2軸加振時(Yaw/Pitch)、2016年9月現在
  • 2: 使用レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO、焦点距離:f=40mm (35mm判換算 f=80mm)、CIPA規格準拠 2軸加振時(Yaw/Pitch)
  • 手ぶれ補正Off、F5.6、2秒、ISO200
  • 手ぶれ補正On、F5.6、2秒、ISO200
  • 写真はイメージです。
  • モニター画面は、はめ込み合成です。

シェア

ソーシャルメディア公式アカウント

  • Facebook
  • Olympus Live YouTubeチャンネル

フォトパス Facebook