かんたんカメラマガジンかんたんカメラマガジン

カメラを始めたい人、初心者のために撮影ジャンル別のテクニックを基礎からやさしく教えます。

カメラを始めたい人、初心者のために撮影ジャンル別のテクニックを基礎からやさしく教えます。

レンズを換えて、カメラをもっと楽しもう!〜シーン別おすすめレンズとキットレンズの比較〜

一眼カメラの魅力は、レンズを換えることでいろんな写真の表現ができること。でも、レンズの種類はたくさんあるので、どうやって選べばいいか迷ってしまいますよね。
「レンズレシピ」は、レンズの基礎知識から、種類や特長、撮影シーンに合わせたおすすめレンズまで、レンズについていろんなことが学べるコンテンツです。数回にわたってお届けします。

レンズレシピvol.4では、撮影シーンにおすすめのレンズを実際の写真とともに紹介。さらに、カメラに付属の標準ズームレンズと、明るい単焦点レンズ、望遠レンズ、マクロレンズなどの写真と比較しながら、写り方の違いをわかりやすく解説します。

夜景を撮るときは、広角域の明るい単焦点レンズ

キラキラと暗い場所で輝く夜景を撮るなら、F値が小さいレンズがおすすめ。明るく撮れるレンズで隅々までシャープに写しましょう。さらに広角域なら、目の前一面に広がる景色をダイナミックに表現できますよ。

おすすめレンズ「M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8」で撮影

焦点距離17㎜(35㎜判換算:34㎜)で撮影

キットレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ」で撮影

暗い夜景は、開放F値*が比較的大きいキットレンズだと手ぶれで失敗しやすくなります。
* そのレンズで設定できる最も小さいF値

17mmレンズについては、こちらの記事でもさらに詳しくご紹介しています。

レストランで撮るときは、標準域の明るい単焦点レンズ

座った状態でテーブルを見ている感覚で撮るために、人の視野に近い画角の標準レンズ(焦点距離25mm*)がおすすめ。また、F値が小さくて明るく撮れるレンズなら、室内の薄暗いレストランでもフラッシュを使わずに雰囲気のある写真が撮れます。
* 35㎜判換算で50㎜

おすすめレンズ「M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8」で撮影

焦点距離25㎜(35㎜判換算:50㎜)フラッシュなしで撮影

キットレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ」で撮影

焦点距離25㎜(35㎜判換算:50㎜)フラッシュありで撮影

室内が暗い場合、フラッシュを使わないと手ぶれしたり、またフラッシュを使うと、レストランの薄暗い雰囲気が表現しづらくなります。また、他のお客さんの迷惑にもなるので、フラッシュを使うこと自体が難しい場合もあります。

25mmレンズについては、こちらの記事でもさらに詳しくご紹介しています。

人物を撮るときは、焦点距離が少し長めの明るい単焦点レンズ

人物をすてきに撮るコツは、たっぷり背景をボカして人物を引き立てること。キットレンズよりもF値が小さく明るいレンズなら、たっぷりボカせるので人物撮影にぴったりです。

おすすめレンズ「M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8」で撮影

焦点距離45㎜(35㎜判換算:90㎜)F1.8で撮影

キットレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ」で撮影

焦点距離42㎜(35㎜判換算:84㎜)F5.6で撮影

おすすめレンズよりも開放F値が大きいため、背景のボケが弱く人物を引き立てられません。

45mmレンズについては、こちらの記事でもさらに詳しくご紹介しています。

遠くのものを撮るときは、望遠レンズ

遠い被写体に近づくことなく撮影したいときは、望遠レンズを活用しましょう。2種類の望遠ズームレンズと、キットレンズで撮影した写真を比べてみましょう。

【使ったレンズ】

  • おすすめレンズ①「M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II」
  • おすすめレンズ②「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R*
  • キットレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ*
    * 対象商品の「EZダブルズームキット」に同梱されているレンズです。

次の3枚の写真は、すべて同じ撮影場所から離れた池の真ん中に浮かぶボートに乗った人物を撮影しています。

おすすめレンズ① M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 IIで撮影

焦点距離300㎜(35㎜判換算:600㎜)で撮影

ボートに乗っている遠く離れた人物の表情まで、はっきり撮ることができます。

おすすめレンズ② M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 Rで撮影

焦点距離150㎜(35㎜判換算:300㎜)で撮影

遠くにあるボートの全体像まで写すことができます。

キットレンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZで撮影

焦点距離42㎜(35㎜判換算:84㎜)で撮影

これ以上のズームができないので、ボートが浮かぶ池の風景写真になってしまいます。

旅先で撮るときは、高倍率ズームレンズ

焦点距離の範囲が広い高倍率ズームレンズなら広角域から望遠域まで、その1本で近くも遠くも撮れるので、旅先で重宝します。旅行にカメラを持って行くなら、ぜひ1本用意しておきたいですね。

おすすめレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3」で撮影

次の3つの写真は、すべて同じ1本のレンズで撮影。広い風景からググッと遠くの人物までとらえることができます。

焦点距離12㎜(35㎜判換算:24㎜)で撮影
焦点距離100㎜(35㎜判換算:200㎜)で撮影
焦点距離200㎜(35㎜判換算:400㎜)で撮影

小さな世界を撮るときは、マクロレンズ

赤ちゃんのまつげや小さな手など、体のパーツをマクロレンズで撮ると、そのパーツが際立って印象的な写真になります。また、繊細なネイルアートを撮影するときにもおすすめ。

おすすめレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro」で撮影

焦点距離30㎜(35㎜判換算:60㎜)で撮影

マクロレンズは、被写体にかなり接近してもピントを合わせることができるので、構図を自由に変えながら近接撮影が楽しめます。

キットレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ」で撮影

焦点距離30㎜(35㎜判換算:60㎜)で撮影

キットレンズでは、被写体に接近しすぎるとピントを合わせることができません。だから、近づいて撮れるのは顔のアップまで。一部のパーツを主役にして撮ることは難しいです。

撮影シーンをイメージしながら、レンズを選ぼう

実際に撮影した写真を見ると、そのレンズの写り方がグッとイメージしやすくなると思います。紹介したシーンや被写体以外にも、自分ならこのレンズで何を撮るかイメージしながらレンズ選びを楽しんでください!

プレパパ・プレママ、ファミリーにおすすめ! プレパパ・プレママにおすすめ!

OM-D E-M10 Mark IV 詳しくはこちら
詳しくはこちら

女子旅にぴったりの旅カメラ

OLYMPUS PEN E-PL10 詳しくはこちら
詳しくはこちら