OLYMPUS Your Vision, Our Future

OLYMPUS IMAGING

ホーム > イベント&キャンペーン > イベント > ギャラリー開催 過去の写真展 > 小野田 桂子 写真展 「笠井 叡 陸前高田に舞う」

ギャラリー開催の写真展詳細情報

  • 東京

小野田 桂子 写真展
「笠井 叡 陸前高田に舞う」


(c) 小野田 桂子

「私に時間をくださいますか?ここで踊ります。」
ここからすべてが始まった。場所は陸前高田。2013年2月17日。
日本で生まれた新たなダンス・舞踏を、その草創期から土方巽・大野一雄と共に担ってきた天才・笠井叡(かさい・あきら。2014年、『日本国憲法を踊る』で芸術選奨文部科学大臣賞受賞)は、津波にさらわれて、町がそのまま消え失せた陸前高田の海岸で、観客不在のまま踊り続けた。それは、舞踏がなしうる魂鎮めの秘技だったのではないか。
偶然、その場に居合わせた私は、憑かれたようにシャッターを切り続けた。それは、幼少期からカメラと共に育った私が立ち会うことができた、この上ない瞬間であり、生と死の境を垣間見る瞬間であったのだと思う。
1960~70年代、舞踏・文学・写真を含む美術が、相互に刺激し合い、新たな芸術を立ち上げていったように、21世紀の現代においても、再び芸術が交差する場面を「写真」から始めたい。

※オープニング・レセプションを1月31日(土)18:00~19:30に行います。 親友の芥川賞作家・柳美里さんがスピーチに(★推薦文あり)、美術家の秋山祐徳太子さんが乾杯の音頭に駆け付けてくださいます。

★芥川賞作家・柳美里さん推薦文★
小野田桂子は、記憶の人である。
単に記憶力がいいというのではなく、彼女は、現在と分け隔てなく過去と接しているのである。
彼女は直感的にいつも、在ることと無いことの只中に立っている。
そして、それはそのまま、写真家としての資質に恵まれているということに他ならない。
小野田桂子の写真を見て、わたしは、彼女から聞いた、心筋梗塞で死に瀕していた父親を前にして、「まだ息があるうちに撮っていいですか?」と主治医に許可をとり、写真を撮り続けたという話を思い出した。
小野田桂子は、父親を海難によって奪われた過去を持つ舞踏家の肉体と、津波によって 18487人もの命を奪った海を同時に写真に納めた。
彼女は、悲劇が起きた場所とその時間を感覚してはいても、そこに力点は置いていない。
過去は現在の対立物ではないし、死は生の対立物ではない、ということを知っているからだ。
小野田桂子は、一瞬の生と永遠の死の不確かさを眼差している。
2014.11.5 柳美里

出展作品数:カラー 約40点

期間
東京:2015年1月29日(木)~2月4日(水)
時間
午前10:00~午後6:00(最終日 午後3:00まで) 入場無料
会場
オリンパスプラザ 東京 アクセス
休館
日曜・祝日

【作者略歴】

小野田 桂子(おのだ けいこ)
1969年福岡市生まれ。鎌倉市在住。和光大学人文学部卒。子供の頃より父親の一眼レフを持ち出し、写真を撮り始める。
高校時代はモノクロフィルムの現像・焼き付けに明け暮れ、以降、バンドのライヴをはじめ、人物、特にダンサー、文士らを撮影。これまで「現代詩手帖」「創」「かまくら春秋」「毎日新聞」などに写真が掲載される。城戸朱理詩集『世界―海』(思潮社)などの表紙写真も担当。またの名をmad_bambi。芥川賞作家・柳美里の「アイドル桂子」としても知られる。