OLYMPUS Your Vision, Our Future

OLYMPUS IMAGING

ホーム > イベント&キャンペーン > イベント > ギャラリー開催 過去の写真展 > tamari会 玉利 祐三 写真展 「オリンパスBCL/ズイコーレンズ等作品展: 欧州の光と陰」

ギャラリー開催の写真展詳細情報

  • 大阪

tamari会 玉利 祐三 写真展
「オリンパスBCL/ズイコーレンズ等作品展: 欧州の光と陰」


(c) 玉利 祐三

現代的で油絵のようなカラー発色、そしてコントラストの強い描写を得意とする発売中のオ リンパスBCL 15mm F8レンズと、柔らかなトーンでパステル描写を思わせ、かつ豊かなグラディエーションを持ち味とする約 50年以上前に製造されたオリンパスペン EESハーフカメラのズイコー 30mm F2.8及び Trip35カメラのズイコー 40mm F2.8レンズ、それらの新旧レンズの特徴を生かした写真展です。
写真は主にイタリア、一部はフランス等の欧州で撮影したものです。その大半を、上記のオ リンパス BCL 15mmF8、ズイコー 30mm F2.8及びズイコー 40mm F2.8レンズ(デジタルカメ ラ用に改造)を使用しデジタルカメラで撮影した写真展です。現行 BCLレンズの素晴らしさと、オールドズイコーレンズの高性能を再認識して頂ければ幸いです。

出展作品数:モノクロ 約53点

期間
大阪:2014年8月29日(金)~9月4日(木)
時間
午前10:00~午後6:00(最終日 午後3:00まで) 入場無料
会場
オリンパスプラザ 大阪 アクセス
休館
日曜・祝日


(c) 玉利 祐三

【作者略歴】

玉利 祐三(たまり ゆうぞう)

・高校生のころルノワール等の印象派の油絵を制作。大学・大学院生でのガラス乾板にスペクトル輝線を露光・現像する研究により写真に興味をもつ
・大学理学部教員として勤めるなか、4×5インチ判カメラから写真を始める。専門は光分光分析、放射能化学、地球環境化学、微量栄養学、予防医学等。元厚生労働省第 7次国民の栄養所要量設定研究メンバー。理学博士
・玄光社「PHOTOTECHNIC」フォト・コレクション、特集「ソフトフォーカス効果のネイチャーフォト」1985年 5月号 p.83-85掲載
・玄光社「露出ハンドブック」、PHOTO TECHNIC編集、「私の露出決定法」、1987年 8月発行 p.32掲載
・玄光社「風景&ネイチャー撮影ハンドブック」、PHOTO TECHNIC編集、「私の風景ネイチャー」、1988年 7月発行 p.32掲載
・Bee Books写真集「Mexican Passion in Arizona」no.186、ISBN4-89615-186-0C0372、48頁、1994年 3月出版
・玄光社「PHOTOTECHNIC」フォト・コレクション、特集「アリゾナ・情熱のメキシコ模様」1995年 1/2月号 p.111-113掲載
・神戸新聞社写真部後援、そごう及び大丸百貨店ギャラリーで写真展多数開催(1996~1999)
・写真集「Pastel Four Seasons春夏秋冬」、32頁、オノウエ印刷 2001年 11月、自費出版
・2006年それまで教員として努めていた大学を早期退職し、充実した写真生活を開始する
・写真集「Windows」、36頁、株式会社コシナ協賛、オノウエ印刷 2007年 3月、自費出版
・2011年12月 1~7日、オリンパスギャラリー大阪 OPSにて「オリンパス Trip 35で撮るII」で発表
・2012年8月 2~8日、オリンパスギャラリー大阪 OPSにて「オリンパス Trip 35で撮るIII」で発表
・2013年3月 14~27日、オリンパスギャラリー大阪 OPSにて「オリンパスペン EES作品展」、「陰との調和」42作品を発表
・2013年8月 1~21日、オリンパスギャラリー大阪 OPSにて「オリンパスペン EES/オリンパスボディキャップレンズ作品展」、「旅・ノスタル路」58作品を発表
・2014年1月6~15日、オリンパスギャラリー大阪にて「日常の街Paris」写真展、「机・椅子…」53作品を発表