OLYMPUS Your Vision, Our Future

OLYMPUS IMAGING

ホーム > イベント&キャンペーン > イベント > ギャラリー開催 過去の写真展 > 写真展東京写真月間2014「いのちの伝承−日本の世界自然遺産をめぐる いとなみ」 堀江 重郎 写真展「神々からの伝言」

ギャラリー開催の写真展詳細情報

  • 東京

写真展東京写真月間2014「いのちの伝承−日本の世界自然遺産をめぐる いとなみ」
堀江 重郎 写真展「神々からの伝言」


(c) 堀江 重郎

樹齢数千年の屋久杉が息づく屋久島は「奇跡の島」とも呼ばれています。
亜熱帯から亜寒帯まで日本列島の自然が凝縮された島は、世界屈指の降雨量と気候によって、多彩な植生と生命の多様性があります。森に一歩足を踏み入れると、600種類以上の苔が地表を覆い尽くし、圧倒的な緑の世界は神秘的で人々に癒しと感動を与えます。
また、森の象徴として威厳を放つ、樹齢数千年の屋久杉は圧巻です。
まさに「神の領域」と称されるのもうなずけるはずです。しかし、花崗岩の島ゆえ、多量の雨で土も流され、もともと養分が乏しい土地は、植物にとって過酷な環境にあります。
植物の種子は落ちる所を選べません。落ちた所が運命の場所として命が生まれるのです。そして成長するごとに樹冠は光を求め、根は絡まり、のたうちまわり、共生もあれば戦いもある。このような生命が交差する森は屋久島ならではの光景です。
それから、ただ立ち尽くすだけの木々は、冬の豪雪や夏の台風など、自然界の力によって命を絶たれたものがあります。
それと、藩政の時代から人の手にかかって倒された屋久杉。だが、その死は無駄にはならず、今度は再生に必要な土壌に変わり、世代交代して命を育む場所となっています。
森では厳しい環境の中、自然界の脅威と向き合いながら、命ある限り懸命に生き続けようとする植物や動物の姿があります。
森で生を受け、また森に帰るという循環を繰り返し、神々が与えた試練と自然の営みがある島、それが屋久島なのです。

期間
東京:2014年5月29日(木)~ 6月4日(水)
時間
午前10:00~午後6:00(最終日 午後3:00まで) 入場無料
会場
オリンパスプラザ 東京 アクセス
休館
日曜・祝日

【作者略歴】

堀江 重郎(ほりえ しげお)
1957年長崎県生まれ
1998年屋久島に移住し、2000年より年間 300日以上森に入り動物や植物の癒しと厳しさを見続けると共に、島民の生活や森、山岳との関わりについてドキュメントで追い続けています。
雑誌、情報誌、ポスターなどの撮影・写真提供、TV番組へ写真提供及び出演して屋久島のすばらしさを伝えています。
また、近年ではデジタルハイビジョン映像にも取り組んでいます。
1982年大阪写真専門学校(現ビジュアルアーツ専門学校大阪)卒
公益社団法人 日本写真家協会会員 公益社団法人 日本写真協会会員
ホームページ:http://www.horie-photo.com

<写真展>
2011年 7月「神々からの伝言」屋久島 nomado cafe gallery
2012年10月「神々からの伝言」屋久島 The Arts Factory
2011年 6月イタリア日本写真交流展出展 東京・ユーメリア、千葉・ギャラリー睦
2011年9月イタリア・AREZZO FOTOGRAFIA出展
2012年5月イタリア日本写真交流展出展 東京・ユーメリア
2012年9月イタリア・AREZZO FOTOGRAFIA出展