OLYMPUS Your Vision, Our Future

OLYMPUS IMAGING

ホーム > イベント&キャンペーン > イベント > ギャラリー開催 過去の写真展 > 庄 治政 写真展 「海岸表通り」

ギャラリー開催の写真展詳細情報

  • 大阪

庄 治政 写真展
「海岸表通り」


(c) 庄 治政

作品の舞台は瀬戸内海に面している播磨灘の一部分である。それは作者が 25年間居住しているところでもある。見飽きた日常の風景である。何も感じることもなく思うこともなく生活の時間は過ぎていく。そんな平凡な地域であるが近くに県立考古博物館が建設された。ある日その博物館へ見学に行った。縄文時代の遺跡が発見されて 50年とのこと。中学生が発見したという。歳月をたどれば表面だけでは捉えることの出来ない歴史が刻まれている。
歴史といえば温暖で静かな海辺の環境は漁業や農業だけに貢献したのではなく、近代化を急いだ重工業への貢献も見逃すことは出来ない。むしろ重要な役割を果たしたと言える。製鉄や造船は周辺の環境を大きく変えた。それは生活様式を変えてしまったことを意味している。海辺はほとんどがコンクリートの岸壁に作り変えられ、自然の姿は失われていった。自然災害を防ぐためではなく生産のための都合によるものである。その姿は昭和の時代の象徴でもあった。前半は軍事大国への道であったし後半は経済成長のシンボルでもあった。
平成になってようやくその慌しい変化も落ち着いてきたようだ。刺激的な出来事がなくても間違いなく時は刻んでいるし、新たな風景へと変化を遂げているはずである。そのわずかな瞬間を観察してみた。

出展作品数:A2カラー 約 30点

期間
大阪:2014年3月6日(木)~ 3月12日(水)
時間
午前10:00~午後6:00(最終日 午後3:00まで) 入場無料
会場
オリンパスプラザ 大阪 アクセス
休館
日曜・祝日

【作者略歴】

庄 治政(しょう はるまさ)
1943年兵庫県に生まれる

<個展>
2012年 DEN-EN痕跡考 オリンパスギャラリー大阪(大阪市) 2011年 境界線 ギャラリー Miyake(神戸市) 2011年 街景考 Nikonbis大阪(大阪市) 2010年 播磨灘 神戸館ギャラリー(明石市) 2009年 播磨灘 Gallery I(京都市)

<グループ展>
2013年 視界 写真家 6人展 Gyallery壹燈舎(大阪市)他多数