OLYMPUS Your Vision, Our Future

OLYMPUS IMAGING

ホーム > イベント&キャンペーン > イベント > ギャラリー開催 過去の写真展 > tamari会“日常の街Paris” 写真展

ギャラリー開催の写真展詳細情報

  • 大阪

tamari会“日常の街Paris” 写真展


(c) tamari会

写真を愛する若手の育成を目的に結成された写真団体です。写真が単なる趣味ではなく、生きる目的、生き甲斐に繋がっていくことを目標にしています。そのため、親族や親友といった小規模団体なのですが、堅い結束と密なコミュニケーションがあります。若手を中心とする本会は、華美に走らず清貧を旨として写真活動を行っております。このたび、今後の写真界を担う若者に、写真発表の機会が得られましたことに深く感謝致しております。
Parisパリ・日常を共通テーマに、本会3人それぞれの視点でとらえた写真展です。パリを中心に、その周辺の街も含めて撮影したものです。

代表
玉利 祐三(62歳)   「机・椅子…」53作品展示
二木 彩(27歳)    「パリの日常生活」47作品展示
玉利 有仁人(31歳) 「最高の瞬間をパリで」34作品展示

期間
大阪:2014年1月6日(月)~ 1月15日(水)
時間
午前10:00~午後6:00(最終日 午後3:00まで) 入場無料
会場
オリンパスプラザ 大阪 アクセス
休館
日曜・祝日

【作者略歴】

玉利 祐三 (たまり ゆうぞう)
大学理学部教員として勤めるなか、4×5インチ判カメラから写真を始める。専門は光分光分析、予防医学等。理学博士。
玄光社「PHOTO TECHNIC」フォト・コレクション、特集「ソフトフォーカス効果のネイチャーフォト」1985年5月号p.83-85掲載。
玄光社「露出ハンドブック」、PHOTO TECHNIC編集、「私の露出決定法」、1987年8月発行p.32掲載。
玄光社「風景&ネイチャー撮影ハンドブック」、PHOTO TECHNIC編集、「私の風景ネイチャー」、1988年7月発行p.32掲載。
BeeBooks写真集「Mexican Passion in Arizona」no.186、ISBN4-89615-186-0 C0372、48頁、1994年3月出版。
玄光社「PHOTO TECHNIC」フォト・コレクション、特集「アリゾナ・情熱のメキシコ模様」1995年1/2月号p.111-113掲載。
神戸新聞社写真部後援、そごう及び大丸百貨店ギャラリーで写真展多数開催(1996~1999)。
写真集「Pastel Four Seasons春夏秋冬」、32頁、オノウエ印刷2001年11月、自費出版。
2006年それまで教員として勤めていた大学を早期退職し、充実した写真生活を開始する。
写真集「Windows」、36頁、株式会社コシナ協賛、オノウエ印刷2007年3月、自費出版。
2011年12月1~7日、オリンパスギャラリー大阪OPSにて「オリンパスTrip 35で撮るII」で発表。
2012年8月2~8日、オリンパスギャラリー大阪OPSにて「オリンパスTrip 35で撮るIII」で発表。
2013年3月14~27日、オリンパスギャラリー大阪OPSにて「オリンパスペンEES作品展」、「陰との調和」42作品を発表。
2013年8月1~21日、オリンパスギャラリー大阪OPSにて「オリンパスペンEES/オリンパスボディキャップレンズ作品展」、「旅・ノスタル路」58作品を発表。

二木 彩 
1986年生まれ。大阪府豊中市在住。
大学生のころ、アルバイト先の神戸のパン屋さんの影響で、フランスパンに興味をもつようになる。海外旅行は毎回パリで、ケーキやパン店巡りをする。パリを訪れれば、パリだけに2~3週間ほど滞在し、バゲット、クロワッサンなど本格的なパンの味に魅了される。そして、店による僅かな味の差、地元のパリジャンに人気の店・味がわかるようになる。記録の必要性からパンの写真、店の写真を撮るようになる。
大学卒業後は、パン製造会社に就職。趣味で始めたケーキ、マカロン作りは得意。アートデザインやフラワー装飾、そしてイヤリング等のアクセサリー製作も趣味に加わる。
パリでなにげに買った最初のポストカードは、ドアノー、アーウィット、ケルテスであった。その後、パリの本屋で彼らの写真集を買い求めることになる。
パリでパンの写真を記録に収めるなか、パリの日常を、パリの人々の生活を写真に撮るようになる。

玉利 有仁人 
1982年生まれ。愛知県豊橋市在住。
小学生の頃、父親の研究に伴いアメリカ・アリゾナ州の小学校に1年間在学する。
高校ではニュージーランド・ハミルトンの高校に2年間在学し、国語や数学と同様に教科としての写真学を学ぶなか、モノクロ写真に興味をもつ。その後、ニュージーランドの写真芸術専門学校に進学。
帰国後、電気系会社に勤務しながら、父親の影響で写真を深める。
2012年11月1~7日、オリンパスプラザ大阪オープンフォトスペース(OPS)「BB第1回写真展」で発表。
2013年3月14~27日、オリンパスプラザ大阪OPS「ペンEES作品展」、「都市の記憶配列」20作品を発表。
2013年8月1~21日、オリンパスプラザ大阪OPS「オリンパスペンEES/オリンパスボディキャップレンズ作品展」、「都市の記憶配列II」40作品を発表。