OLYMPUS Your Vision, Our Future

OLYMPUS IMAGING

ホーム > イベント&キャンペーン > イベント > ギャラリー開催 過去の写真展 > 薈田 純一 写真展 「新・小説のふるさと」

ギャラリー開催の写真展詳細情報

  • 東京
  • 大阪

薈田 純一 写真展 「新・小説のふるさと」

「新・小説のふるさと」は、平成以降のすぐれた文学作品ゆかりの地を訪ね歩いたものです。
読書や書棚についてのエッセイで著名なアン・ファディマンは、作品中の現場で読む小説のだいご味を教えてくれますが、作品に描かれた場所を撮ることも楽しいものです。"あの場面の舞台はまさしくこの場所だ"と感激する一方、想像を裏切る光景から小説の新たな魅力に気づかされたりもします。
たとえば川上弘美さんの「センセイの鞄」に出てくる干潟のイメージは、私にはどこか閑散とした海岸ぐらいのものでしかなかったのですが、撮影に訪れた盤洲干潟で潮の匂いや海水のにじみ出る逆光の中での砂のうねりが、より豊かに小説のシーンを味わせてくれたものです。
とはいえ、私の写真は"作品と全然違う"と思われる方もいらっしゃるかもしれません。が、そこはご堪忍いただいて、小説の多様な広がりの一つだと思ってください。逆にもし、まだ読まれていない小説が取り上げられていましたら、写真から自由に作品を想像してみてください。書影の写真とあいまって、あとでその本を手に取られた時、期待はますますふくらむに違いありません。
タイトルの「新・小説のふるさと」は、かつて『婦人公論』に「小説のふるさと」を連載された林忠彦先生へのオマージュによるものです。そんな「新・小説のふるさと」もまた、現在『中央公論』に不定期連載中です。

出展作品数:カラー 約50点


(c) 薈田 純一

ご好評のうちに終了いたしました。
ギャラリートーク
太田和徳(中央公論新社編集部)
池田禎子(中央公論新社編集部)
薈田純一(写真家)
日時:2013年3月2日(土)15時 開演
会場:オリンパスギャラリー東京
参加費:入場無料
期間
東京:2013年2月28日(木)~3月6日(水)
大阪:2013年3月21日(木)~3月27日(水)
時間
午前10:00~午後6:00(最終日 午後3:00まで) 入場無料
会場
オリンパスプラザ 東京 アクセス
オリンパスプラザ 大阪 アクセス
休館
日曜・祝日

【作者略歴】

薈田 純一(わいだ じゅんいち)

写真家。兵庫県神戸市生まれ。小、中学校時代を米国で過ごす。外国通信社勤務後、人物ポートレート、「偶景(突然よみがえる日常では忘却された記憶)」をテーマに撮影を始める。主な作品に夜の街路樹をテーマとした「Visions of Trees」や、偶景を小学校の風景に探した「Primary Days」などがある。近年は、さまざまな「書棚」をテーマに取り組んでいる。

<個展等>
2002年 9月
新宿コニカプラザ 個展 「Destiny」
2004年 6月
コニカミノルタプラザ 個展 「Visions of Trees」
2007年 8月
コニカミノルタプラザ 個展 「Photosynthesis 夜想樹たち」
2008年 8月
オリンパスプラザ東京 個展 「Primary Days」
2008年 12月
オリンパスプラザ大阪 個展 「Primary Days」
2009年 4月
Musse F 表参道 個展 「Visions of Trees Projected」
2011年 3月
表参道画廊 個展 「Book Shelf 松丸本舗の位相」
2011年 5月
オリンパスプラザ東京 個展 「プライベート・チャイナ・旅の記憶」
2011年 6月
オリンパスプラザ大阪 個展 「プライベート・チャイナ・旅の記憶」
2011年 11月
スパイラルホール 「松岡正剛の書棚 松丸本舗の位相」
2012年 11月
プレイスM 「立花隆の書棚」
2013年 1月
ペンタックスフォーラム 「書棚」
<書籍等>

『松岡正剛の書棚』松岡正剛・著(写真撮りおろし) 中央公論新社 2011年 7月刊行
『松丸本舗主義』松岡正剛・著(寄稿) 青幻舎 2012年 10月刊行
『立花隆の書棚』立花隆・著・薈田純一・写真  中央公論新社 2013年冬刊行予定

<出演>
2011年 10月
松岡正剛氏主催「連塾」ゲスト スパイラルホール
2012年 11月
鈴木一誌 × 薈田純一「デザインと写真。二つの視線と書棚の実相」 プレイス M
2013年 1月
リービ英雄 × 薈田純一 ペンタックスフォーラム
<賞>
2005年
第25回新風舎出版賞ビジュアル部門 優秀賞 「サンクチュアリ」