OLYMPUS Your Vision, Our Future

OLYMPUS IMAGING

ホーム > イベント&キャンペーン > イベント > ギャラリー開催 過去の写真展 > 熊切 圭介 写真展「カオハガンからの風」

ギャラリー開催の写真展詳細情報

  • 東京
  • 大阪

熊切 圭介 写真展「カオハガンからの風」

ココ椰子が美しく茂るカオハガン島は、フィリピンのセブ島の南10キロの、オランゴ環礁の中にあります。エメラルドグリーンの珊瑚礁の海に浮かぶカオハガン島は、周囲2キロほど、後楽園ドームより少し大きい程度です。10年前までは電気も無く、現在もガス・水道はありません。水は雨水に頼り、煮炊きは薪で行っています。2012年現在、約500人の島民が、自然のサイクルに合わせて心豊かにゆったりと暮らしています。物質文明にどっぷりと浸っている日本人から見ると、かなり質素でシンプルな生活で、ほとんど自給自足に近い暮らしです。島には開放的で明るい礼拝堂と小学校、バスケットコート、サリサリストアという駄菓子屋のような小さな店が12~3軒あるだけで、当然ながら車は無くコンビニもありません。今年になって2階建ての大きな診療所が出来て、島の大きな話題になっています。 この美しく愛らしいカオハガン島を、私の友人崎山克彦氏が23年前に買い取り、現在は夫婦で島に暮らしています。心優しい島民と心を通わせながら、カオハガンキルトの制作や環境問題・医療や教育といった福祉への援助を行っています。最近島から7~800メートルの沖合いに、カオハガン熱帯珊瑚保護区を設定し、世界でも有数の海洋生物や珊瑚の保護活動を行っています。そして今年7月から許可を受けた人々に開放するようになりました。島を取り巻く自然環境がますます豊かになり、島民と自然との共生が今迄以上に密になっていくようです。 約20年にわたりカオハガン島を撮影してきましたが、今回は最近の島の写真を約50点展示しました。


(c) 熊切 圭介

期間
東京:2013年1月17日(木)~1月23日(水)
大阪:2013年1月31日(木)~2月13日(水)
時間
午前10:00~午後6:00(最終日 午後3:00まで) 入場無料
会場
オリンパスプラザ 東京 アクセス
オリンパスプラザ 大阪 アクセス
休館
日曜・祝日

【作者略歴】

熊切 圭介(くまきり けいすけ)
1934年
東京・下谷西町に生まれる。
1958年
日本大学芸術学部写真学科卒業。のちにフリーランスの写真家として週刊誌を中心に月刊誌、グラフ誌など主にジャーナリズムの分野で写真活動する。同時に単行本、美術全集等の撮影を行う。
1987年~2010年
日本大学芸術学部写真学科非常勤講師
<主な個展>
1981年
「風光万里-中国の旅」伊奈ギャラリー(東京)
1987年
「街・東京 1972~1987」キヤノンサロン(東京・名古屋・大阪)
1991年
「スペイン・鉄の栄光」コニカフォトギャラリー(東京・名古屋・大阪・福岡)
1993年
「ニューポートタウン・トウキョウ」東京都庁ホール(東京)
1994年
「揺れ動いた'60年代」JCIIフォトサロン(東京)
2001年
「風の島カオハガン物語」富士フォトサロン(東京・名古屋・福岡)
2002年
「池波正太郎と下町の風景」台東区生涯学習センター(東京)
2008年
「揺れ動いた'60年代の光と影」キヤノンギャラリー S(東京)
2011年
「運河」ポートレートギャラリー
2011年
「ニューヨークの橋」ゆう画廊
2012年
「池波正太郎」ギャラリーf分の 1
2012年
「Tokyoスナップショット」ホテル・アイビスギャラリー
<主な出版>

「手漉和紙精髄」「世界の博物館」「美術全集・25人の画家」「中国の旅」(講談社、いずれも共著)、「毛綱殻曠」(丸善出版)、「東京港」(東京開港 50周年記念事業実行委員会)、「ハプスブルグの鉄」「上海鉄景」「インド鉄紀行」「マンハッタンの橋」(川崎製鉄株式会社)、「池波正太郎のリズム」(展望社)、「南島からの手紙」(新潮社)、「繁栄と変革-60年代の光と影」(展望社)、「運河」(平凡社)

<受賞>
1961年
第2回 講談社写真賞
2012年
公益社団法人日本写真協会功労賞
<コレクション>

東京都写真美術館 日本大学 JCIIフォトサロン 川崎市民ミュージアム