OLYMPUS Your Vision, Our Future

OLYMPUS IMAGING

ホーム > イベント&キャンペーン > イベント > ギャラリー開催 過去の写真展 > 受賞出版記念 樋口 健二 写真展 「原発崩壊」

ギャラリー開催の写真展詳細情報

  • 東京
  • 大阪

受賞出版記念 樋口 健二 写真展 「原発崩壊」

原発の最大のアキレス腱ともいうべき原発下請け(協力企業ではない)労働者の放射線被曝の実態は現代日本の闇である。原発が生み出す被曝労働者もすでに50万人に達する。原発が差別の上に成り立っているのは、下請け、孫請け、ひ孫請け、人出業(親方制度)という重構造の前近代的労働形態が示す通りである。その上賃金のピンハネが二重の差別を生み出す。放射線うずまく原発内は危険な労働が待ち受けている。すべて底辺労働者にまわされ、彼らは日常的に被曝しているが、事故、故障時や年1 回行われる定検では、1日1500人以上の人海戦術労働で被曝が最も多い。推進側はマスコミを動員して「安全でクリーン」「次を担うエネルギー」「CO2を出さない」「平和利用」だと「原発安全神話」を国民に信じ込ませて来た。さらに近代科学の粋を集めた結晶などと持ち上げ、コンピュータ操作で原発を動かしているかの錯覚を与えてきた。だが、東日本大地震で安全神話はもろくも崩壊した。放射能禍で被曝した労働者が注目を集めたが、私は38年間、告発してきた。原発は地域社会はいうに及ばず、生活、文化まで今回の原発崩壊で象徴化した。私は原発建設から、崩される風土、反原発運動、核燃料輸送、原発被曝労働者、原発下請け労働者、東海村JOC 臨界事故、福島原発崩壊を写真で記録した。
その集大成の写真展としたい。


(c)樋口 健二

期間
東京:2012年4月12日(木)~4月18日(水)
大阪:2012年5月7日(月)~5月16日(水)
時間
午前10:00~午後6:00(最終日 午後3:00まで)
会場
オリンパスプラザ 東京 アクセス
オリンパスプラザ 大阪 アクセス
休館
日曜・祝日

【作者略歴】

樋口 健二(ひぐち けんじ)
1937年長野県富士見町松目生まれ。報道写真家。
日本写真芸術専門学校副校長。公益社団法人日本写真家協会会員。
世界核写真家ギルド会員。公益社団法人日本広告写真家協会学術会員。

1962年
東京総合写真専門学校卒業。同校助手を経てフリー。
1969年
四日市公害を撮った「白い霧とのたたかい」写真展を東京、大阪、四日市、新産業都市で巡回展を開催。
1974年
国連主催世界環境写真コンテスト・プロ部門で「四日市」が入賞。
1983年~84年
  『毒ガス島』写真展を東京、大阪、名古屋のキヤノン・サロン、広島・平和祈念資料館で開催。
1985年~
市民による『原発』写真展を全国で巡回で開催中。
1987年
ニューヨークでの第1回核被害者世界大会で、日本における原発被曝実態を報告。スリーマイル島取材。
1987年~88年
  『原発』『四日市』写真展を台湾各地で開催。
1988年~
世界核写真ギルド展に『原発』を出展(モントリオール、ベルリン、ミュンヘン、トロント、ニューヨーク他)。
1990年~93年
  日本の報道写真家4人展に『原発』を出展(パリ、ベルリン)。
1995年
イギリスのチャンネル4がレポーターに起用。『日本の原発ジプシー』を追うテレビドキュメンタリー番組を制作、放映。
2001年
外国特派員協会ロビーとギャラリーで『被曝実態』写真展開催。
2011年
「第17回平和・協同ジャーナリスト基金賞」大賞受賞。