OLYMPUS Your Vision, Our Future

OLYMPUS IMAGING

ホーム > イベント&キャンペーン > イベント > ギャラリー開催 過去の写真展 > 大竹省二・あゆみ 二人展「父と娘と」

ギャラリー開催の写真展詳細情報

  • 東京

大竹省二・あゆみ 二人展
「父と娘と」

今回展示する作品は、父と娘との日常でのスナップショットです。父と娘それぞれがみつめるお互いの姿をはじめ、ふたりで過ごす家庭のさまざまな場面、ふたりでみつけた街の情景などを作品にまとめました。
カメラという"PEN"を手にして父と娘が描く日常風景の中に、ふたりの間で交わされた対話を感じていただければ幸いです。
大竹省二氏は、1920(大正9)年、静岡県に生まれ、中学生の頃から写真誌のコンテストに何度も入選するなど、早くから才能を認められました。戦後、プロとして発表した作品はドキュメンタリーから女性ポートレートまでと幅広く、卓越した表現力を駆使して次々と新しい試みに挑戦し、女性写真の第一人者の地位を確立。1950年代からの写真の新しい運動にも積極的に参加し、戦後の写真界を牽引しました。
一方で、洒脱な文章で綴るシナリオや随筆は1960年代以降興隆期を迎えたテレビや雑誌で人気を博し、映画の演出を手掛け、書画でも展覧会を開くなど、多方面で活躍しました。

(c)大竹 省二

期間
東京:2011年9月1日(木)~9月7日(水)
時間
午前10:00~午後6:00(最終日 午後3:00まで)
会場
オリンパスプラザ 東京 アクセス
休館
日曜・祝日

大竹 省二(おおたけ しょうじ)略歴

1920年、静岡県小笠郡大須賀町(現掛川市)生まれ
'40年、上海の東亜同文書院に学ぶ
'42年、学徒応召
'46年、GHQ(連合国軍総司令部)広報部嘱託としてアーニ―・パイル劇場で、来日女優を撮影
その後、日本を代表する作家、俳優、芸術家や、戦後来日した一流の音楽家など、幅広い人々を撮影女性のポートレートやヌードは一世を風靡するまた、戦前、戦後の日本の姿を記録した作品も高く評価されている二科会写真部創立会員、日本写真家協会名誉会員写真集に『世界の音楽家』、『女101人の肖像』『昭和群像』、『遥かなる詩』など