OLYMPUS Your Vision, Our Future

OLYMPUS IMAGING

ホーム > イベント&キャンペーン > イベント > ギャラリー開催 過去の写真展 > 井上博之 写真展「干潟」―光と造形―

ギャラリー開催の写真展詳細情報

  • 東京

井上博之 写真展
「干潟」―光と造形―

瀬戸内海国立公園は、1934年日本最初の国立公園として指定された由緒ある公園です。その一部である兵庫県たつの市御津町の新舞子浜は、遠浅の砂浜が続く干潟の海岸です。撮影は一年で冬至(12月21日頃)を挟んだ前後3ヶ月間です。その内、特に「大潮」の日には全国有数の干潟模様を造り出します。
潮流によって運び込まれ運び去られる「漂砂」は、さまざまな曲線を描きます。そして風と光の演出によって、日の出前から刻々といろんな色に染まっていき、やがて黄金色に輝きます。まさに幻想のドラマです。
シャッターを切る度に変化する干潟模様は、一期一会の世界であり、光と自然が織りなす造形の妙は実に美しい。その自然美に魅せられて、「光と造形」をテーマにライフワークとして10数年、撮影に取り組んで来ました。被写体とじっくり対峙し、そこに流れる音楽性、空気感を自分の心に感じとる。そんな"ささやき"の一瞬を切り撮りました。これらの作品群には、私の永い写真人生の歴史が少しは刻み込まれているような気がします。
50才を機に、仕事とは別に、作品創りの夢に挑戦しています。新たな始まりの予感です。

出展数 カラー 約26点


(c)井上博之

期間
東京:2011年3月10日(木)~3月16日(水)
時間
午前10:00~午後6:00(最終日 午後3:00まで)
会場
オリンパスプラザ 東京 アクセス
休館
日曜・祝日

井上博之(いのうえ ひろゆき)略歴

1943年
兵庫県姫路市に生まれる
1965年
日本写真専門学校フォトデザイン科卒業
1972年
(有)井上スタジオ設立  現在に至る
1994年
第68回 国画会(国展)初出品・入選  以後、現在まで14回入選
2000年
第74回 国展・フジフィルム賞
2002年
第76回 国画会会友に推挙
2009年
姫路市民プラザイーグレにて個展「日本の四季」
2010年
第84回 国画会準会員に推挙
銀座ART・BOXギャラリーにて個展「光と造形」