OLYMPUS Your Vision, Our Future

OLYMPUS IMAGING

ホーム > イベント&キャンペーン > イベント > ギャラリー開催 過去の写真展 > 日比野倉氏 写真展「健気に生きてますから」

ギャラリー開催の写真展詳細情報

  • 東京
  • 大阪

日比野倉氏 写真展
「健気に生きてますから」

猫科動物が好きな私は、北は稚内から南は石垣島まで各地を巡り外で生きるイエネコたちを撮り出した。被写体として魅力のある動物の動きや表情を捉えようとしていたが、しばらくして見えてきた現実は、人間社会の生活環境の変化や意識の変化だった。特定の飼い主のいない猫たちは、人間社会と関わって生きている。野性でもないし特定の人に飼育されているわけでもない特殊な状況にある。そこで生きて行きたくて、そうしているわけでもない。人がその環境に追いやってしまっただけ。身近な動物であるがゆえに気が付かないことがあり、見逃していることがある。彼らは、人間が変えてしまった環境に適応しようと生きている。人間社会の変化に伴って彼らも変化し対応していかざるを得ない。そんな彼らの生活は、今の人間社会を映し出す鏡だ。彼らが生きる場には、野生動物とは違う生き物の強さと儚さが同居する。人間社会と関わらなければ生きていけない環境で、健気に生きている彼らの表情を見ていると、人間との関わりによって、色々とあったんだろうなと想像してしまうようになった。そして、そんな表情を残しておきたいという気持ちへと変化し、南から北へ旅を続けるようになり8年が経過した。彼らが時おり見せる凛とした表情に惹かれる。猫科動物は、警戒心の強い動物であり人間のことをいつも観察しているのだ。猫が、ゆったりと生きている地域では、人の暮らしも穏やかな気がする。猫がゆったりと生きていける環境なら、人もゆったりと生きて行けるのでは。

出展数 カラー 約60点


(c)日比野倉氏

期間
東京:2010年9月16日(木)~9月22日(水)
大阪:2010年10月14日(木)~10月20日(水)
時間
午前10:00~午後6:00(最終日 午後3:00まで)
会場
オリンパスプラザ 東京 アクセス
オリンパスプラザ 大阪 アクセス
休館
日曜・祝日

日比野倉氏(ヒビノ クラシ)略歴

テキスタイルデザイナーとして仕事を続けながら、旅に出かけ写真を趣味としていたが、オリンパスデジタル一眼レフE-1を購入後、本格的にデジタル撮影を始める。被写体は、野生動物、昆虫、街中スナップ、外で暮らす迷い猫。作品を、WEB SITEで公開。2003年 オリンパスズイコークラブ名古屋支部(講師 故秋田淳之助氏)に入会。2004年より名古屋支部展に毎年参加出展、フォトサロン サン・ルゥ(名古屋市栄)2004年 オリンパス主催日韓共催デジタルフォトコンテスト入賞。

【写真展】
個展 2005年4月 「東アフリカの動物」大阪ハービスプラザ3F
        (アフリカ専門の旅行会社道祖神主催 タンザニア大使館共催)
個展 2006年11月 「健気に生きてますから 島の暮し編」大阪北浜 10Wギャラリー
企画展 大阪北浜10Wギャラリー企画展「猫踏んじゃったなギャラリー」5月開催に2006年~2010 年まで毎年参加。

ホームページ 日比野倉氏 WEB SITE http://www5b.biglobe.ne.jp/africa/