OLYMPUS Your Vision, Our Future

OLYMPUS IMAGING

現在位置
ホーム > イベント&キャンペーン > イベント > ギャラリー開催 過去の写真展 >

小沢辰夫 写真展「山河風霜」

ギャラリー開催の写真展詳細情報

  • 東京

小沢辰夫 写真展「山河風霜」

風景もまた自画像である。四季を通じて織り成す自然の風景に接するとき、自然の側からこちら側に様々なメッセージが送られてくる。それは劇的な強い衝動をともなうものであったり、あるいはただひたすら現実の様相を静かに伝えてきているだけのこともある。その自然の中に身をおくとき、おのずと自らの琴線にふれる風景を選択し、深い感動を味わっているのではないだろうか。それはおそらく誰もが心の奥底に宿している自己の原点とも言うべき精神の風景を、現実の風景に重ねあわせて具現化していることに相違ない。すなわち、風景とは心の内面を自然の風景を借りて描写されたものであるともいえる。それがたとえ独りよがりのものであっても、その人にとっては紛れもない自分自身なのである。しかしながら、森羅万象を秘めた自然はあらゆることを包み込み、あるいは無関係のように悠久の時間をくり返し、さらに無窮の年月をくり返していくだけである。
20代から始めたモノクロームの写真はライフワークとして現在まで続き、なお新しいテーマで続いている。モノクロームとは私にとって精神を描写すると共に、時間を超越した写真の表現方法である。撮影場所は奥日光・尾瀬・浅間山で、近年10年ぐらいが山河風霜・写真展の多くを占め、モノクロームによる自然風景の集大成である。

出展数 モノクロ 約40点


(c)小沢辰夫

期間
東京:2010年1月14日(木)~1月20日(水)
時間
午前10:00~午後6:00(最終日 午後3:00まで)
会場
オリンパスプラザ 東京 アクセス
休館
日曜・祝日

小沢辰夫(おざわ たつお)略歴

1947年
栃木県野木町に生まれる
1969年
日本大学 法学部 卒
1970年
東京写真専門学院 卒
【写真展】
1980年
四季点描<奥日光> ニコンサロンで個展
1981年
フランス国立図書館に2点コレクションされる
1985年
水の純情詩 ナガセフォトサロンで個展
1992年
尾瀬<諷詠の四季> ニコンサロンで個展
1997年
浅間山・寂寞 ペンタックスフォーラムで個展