OLYMPUS Your Vision, Our Future

OLYMPUS IMAGING

ホーム > イベント&キャンペーン > イベント > ギャラリー開催 過去の写真展 > 第26回「いつまでも守り続けたい日本の自然」写真コンテスト入賞作品展

ギャラリー開催の写真展詳細情報

  • 東京
  • 大阪

第26回 「いつまでも守り続けたい日本の自然」写真コンテスト
入賞作品展

「いつまでも守り続けたい日本の自然」をテーマにした第26回「日本の自然」写真コンテスト(朝日新聞社、全日本写真連盟、森林文化協会主催、オリンパス株式会社協賛、オリンパスズイコークラブ協力)の審査が、東京・築地の朝日新聞東京本社で行われ、最優秀賞、審査委員賞など111点の入賞作品が決まりました。6月に朝日新聞紙面で入賞者を発表するとともに、7月2日からオリンパスギャラリーで全入賞作品の展示会を開きます。
朝日新聞社が「21世紀に残したい日本の自然100選」を選定したのを記念して始まったこの写真コンテストも26年目を迎えました。風景や動植物、人間の営みなどをストレートに表現した作品を募集します。合成や事実を著しく改変するような画像加工は認められません。
今回も47都道府県すべてから応募がありました。応募点数は、神奈川県の501点を最高に約7000点の作品が集まり、竹内敏信氏(審査委員長=写真家・全日本写真連盟関東本部委員)、中村征夫氏(写真家・全日本写真連盟関東本部委員)、岩合光昭氏(同)、今森光彦氏(同)ほか、山川富士夫・朝日新聞東京本社写真センターマネジャー、松浦和夫・同大阪本社写真センターマネジャー、山本和生・朝日新聞出版写真部長、奥田明久・アサヒカメラ編集長らが審査しました。
作品展では、最優秀賞、審査委員賞、優秀賞、入選、都道府県一賞の計111点の全入賞作品を展示します。都道府県一賞は、撮影者が居住する都道府県内で撮影したものです。
写真展はこの後、全国を巡回する予定です。この写真展で日本の自然のすばらしさを再発見していただければ幸いです。


最優秀賞 飯田直男 ないしょばなし

期間
東京:2009年7月2日(木)~ 7月8日(水)
大阪:2009年7月16日(木)~ 7月29日(水)
時間
午前10:00~午後6:00(最終日 午後3:00まで)
会場
オリンパスプラザ 東京 アクセス
オリンパスプラザ 大阪 アクセス
休館
日曜・祝日(大阪は土曜も休館)


竹内敏信賞
赤津栄英 雪の岬


中村征男賞
金谷克造 乱舞


岩合光昭賞
二宮紀彦 こんにちは


今森光彦賞
橋端末治 雫の砦


オリンパス賞
よだてつお 洗顔


朝日新聞社賞
金沢あけみ 幻炎