OLYMPUS Your Vision, Our Future

OLYMPUS IMAGING

ホーム > イベント&キャンペーン > イベント > ギャラリー開催 過去の写真展 > 広瀬敦司 写真集出版記念 写真展「天城」

ギャラリー開催の写真展詳細情報

  • 東京
  • 大阪

広瀬敦司 写真集出版記念 写真展「天城」

天城は伊豆半島のほぼ中央にあり、万二郎岳、万三郎岳、馬の背、小岳などをまとめて天城山と呼んでいます。標高1406mの万三郎岳は伊豆半島の最高峰。3200年前には大噴火を起こした火山で、日本百名山でもあります。
小説や歌謡曲で有名な天城ですが、ブナの原生林が残されています。太平洋側のブナを撮影してみたかったので、以前から気になる場所でした。
天城の森を歩いていると複雑怪奇な形をしたブナに出会います。日本のブナは太平洋側のブナと日本海側のブナに分かれています。一見して分かる違いは日本海側が真っ直ぐな幹。太平洋側が複雑な形の幹。比べると違う種類の木に思えます。天城のブナは太平洋側のブナの特徴がよく出ていますが、特別に複雑怪奇な木が多く感じられます。日本海側のブナのすらっとした木が並ぶ森より、天城の自由奔放に伸びたブナに魅力を感じます。
天城の森を歩いていて気がつくことに、下草のスズタケが枯れ果てていることです。ブナの森が、植林された杉林のごとく下草がない光景は、とても変な感じです。又、皮子平にあるマメザクラの群生地では、数本のマメザクラにしか出会うことが出来ませんでした。増えすぎたシカによる食害が原因なのか、それとも人間が原因をつくっているのか。私は人間が原因をつくっていると思えてなりません。森に入る前は、天城の森に変化が起きているとは想像出来ませんでした。
太平洋側のブナは現存量が少なく、繁殖力も弱いとのこと。天城の森でもブナの幼木を見かけません。地球温暖化が進めば植生も変わり、ブナの森が姿を消してしまうでしょう。今起きている天城の森の変化は、何か警告のように思えてなりません。

出展数 約55点


(c)広瀬敦司

期間
東京:2008年6月19日(木)~6月25日(水)
大阪:2008年10月3日(金)~10月9日(木)
時間
午前10:00~午後6:00(最終日 午後3:00まで)
会場
オリンパスプラザ 東京 アクセス
オリンパスプラザ 大阪 アクセス
休館
日曜・祝日

広瀬敦司 (ひろせあつし)略歴

1972年生まれ 日本写真芸術専門学校卒 写真家樋口健二氏に師事

【写真展】

2000年 5月
癒しの山 高尾山展オリンパスギャラリー
2004年 8月
癒しの山 高尾山2展 オリンパスギャラリー
2006年 6月
高尾変奏曲 オリンパスギャラリー
2007年 11月
高尾の四季展 富士フォトギャラリー調布

【写真集】

2005年
高尾変奏曲