OLYMPUS Your Vision, Our Future

OLYMPUS IMAGING

ホーム > イベント&キャンペーン > イベント > ギャラリー開催 過去の写真展 > 「東京写真月間2008」「耕」の時代 日本人の暮らし1950~70年代「宮本常一と歩いた九州・・・昭和37年」芳賀日出男

ギャラリー開催の写真展詳細情報

  • 東京

「東京写真月間2008」「耕」の時代 日本人の暮らし1950~70年代「宮本常一と歩いた九州・・・昭和37年」芳賀日出男

宮本常一との旅 民俗学者宮本常一と旅をしたのは昭和37年(1962)6月から10月にかけてである。
当時「世界大百科事典」を刊行中の平凡社は月刊のグラビア雑誌「太陽」の出版をはじめた。初代編集長は谷川健一(平成19年度文化功労者)であった。谷川は宮本を起用して全国の民俗の旅の連載に私を同行させ、写真を撮ることになった。
旅は九州からはじまり、壱岐、対馬、五島をめぐった。五島列島では宮本は最北端の宇久島に渡った。男でたった一人生き残っている80才の海士岩本五郎にめぐり会い、生業の実体にふれることが出来た。私にとって宮本との旅は日本民俗の深層を撮影する日々であった。
旅は南九州の種子島へと移る。そこで東京の編集部から受け取った電報は「ミンゾクノタビノキカクトリヤメ、スグカエラレタシ」であった。帰京してわかったことは、雑誌の営業担当者から離れ小島の貧乏物語では本は売れない、ヨーロッパのお城や東西の美術品で飾ったページを作ってくれということだった。家庭の電気製品が「三種の神器」とあがめられていた時代である。
宮本はそれでも種子島の旅を続けた。島の人びとは宮本を歓迎した。彼が努力した「離島振興法」が成立し、この島にも鹿児島市へ飛ぶ空港ができたのである。空便には病人と妊婦を優先的に乗せることを条件にした宮本案が実現された。島の人が宮本に飛行機に乗って帰ってもらいたいとすすめると、宮本は笑って聞き流していた。
平凡社の企画が消えた後も宮本は一人で歩き、15年後に「私の日本地図」を完成させた。そこに宮本の人生に確立されてきた根性を知る。宮本に導かれてきた私の写真は一回も使われることなく、長年の間ねむりつづけてきた。宮本の生誕百年目を迎え、彼の死後になって日の目を見ることになった。そのかみの三ヶ月間、気さくな宮本と旅しつづけてきた中から教えられたことが今もよみがえってくる。(文中の人名は敬称を略させていただきました。)

芳賀日出男(写真家)

出展数 半切・モノクロ 62点


(c)芳賀日出男

期間
2008年6月5日(木)~6月11日(水)
時間
午前10:00~午後6:00(最終日 午後3:00まで)
会場
オリンパスプラザ 東京 アクセス
休館
日曜・祝日

芳賀日出男 (はがひでお)略歴

1921年
大連市に生まれる
1944年
慶應義塾大学文学部卒業
1950年
日本写真家協会創立者の一人として入会。写真家として現在まで日本・世界の祭り・民族・民俗芸能の写真取材を行っている。現在まで撮影取材した地域は全国都道府県に及び、国外では101カ国。
1970年
大阪万国博覧会でお祭り広場のプロデューサーを務める
1973年
(社)全日本郷土芸能協会を設立
1981年
日本写真家協会副会長を同年より7年間務める
1985年
文部省派遣芸術科学研修員選考委員(~90年)
1986年~
文芸美術国民健康保険組合理事
1991年
文化庁芸術インターンシップ美術分野選考委員(~93年)
(社)全日本郷土芸能協会理事長に就任、1997年任期満了により、相談役となる
(社)日本写真家協会名誉会員に推挙される

2002年より現在
長野県御代田町龍神まつり写真コンテスト審査委員長
文化庁後援(社)日本写真文化協会全国写真展覧会審査委員

2003年より現在
財団法人都市農山漁村交流活性化機構「むらの伝統文化顕彰」審査委員 個展のほか、企画展出展多数

【著書】

1959年
『田の神』(平凡社)
1962年
『秘境旅行』(秋元書房)
1964年
『神様たちの季節』(角川書店)
1965年
『日本の祭り』1991年改訂(保育社)
1971年
『子どもの祭り』(小峰書店) 『世界の祭り』(ポプラ社)
1977年
『花祭り』(国書刊行会)
1981年
『こどもの12かげつ』(小峰書店)
1983年
『日本の祭り』(保育社) 『世界の祭りと衣装』(グラフィック社)
1997年
『日本の民俗 上・下』(クレオ)
1998年
『日本の写真家27=芳賀日出男』(岩波書店)
2003年
『ヨーロッパ古層の異人たち』(東京書籍)
2006年
『学習に役立つわたしたちの年中行事 全12巻』(クレオ)
『日本各地の伝統的なくらし1,2,6巻』(小峰書店)

【連載】
朝日新聞社刊 「週刊日本の祭り」全30巻 監修 2004年
朝日新聞社 本紙連載「祭り紀行」 2004年~2005年
芳賀日出男監修 東京書籍発行「日本の祭り文化事典」 2006年6月
日本経済新聞 本紙水曜日「地球ハレの日」コラム連載 2004年5月より現在まで
ほか60余冊

【写真展】

1959年
「田の神」東京・小西六写真ギャラリー
1990年
「日本人の暮らしと心」有楽町マリオン朝日ギャラリー
1991年
三島町生活工芸館 芳賀日出男ファミリー写真展「世界の祭り」
1993年
「日本の祭り」東京JCIIフォトサロン
2005年
「今日は幸福 祭の顔」四谷ポートレートギャラリー
2006年
福島県三島町交流センター写真展「写真家芳賀日出男世界の春の祭典」
2004年-2008年
東京・シリウスフォトギャラリー「世界の祭り」 他50余回

【叙勲と受賞】

1988年
オーストリア・ウィーン市栄誉功労銀勲章(文化交流に尽くした功績により)
1989年
紫綬褒章
1995年
勲四等旭日小綬章
1997年
(社)日本写真協会功労賞、飯田市藤本四八写真文化賞
2000年
伝統文化ポーラ賞、日本文芸大賞民俗文化賞

【現職】
(社)日本写真家協会名誉会員、(社)日本写真協会名誉会員、日本旅行作家協会、
(社)全日本郷土芸能協会、日本民俗学会、日本文化人類学会、日墺文化協会の各会員