OLYMPUS Your Vision, Our Future

OLYMPUS IMAGING

ホーム > イベント&キャンペーン > イベント > ギャラリー開催 過去の写真展 > 第34回 寫壇太陽選抜展テーマ競作「石の微笑」「花・艶やかに」「豪華客船」

ギャラリー開催の写真展詳細情報

  • 東京

第34回寫壇太陽選抜展 テーマ競作「石の微笑」「花・艶やかに」「豪華客船」

寫壇太陽は、写真家井上清司を壇長として昭和49年に創立し、今年で34年目を迎えました。現在、会員は男女合わせて130名が在籍しておりますが、平均年齢は60歳を越すシニアカメラクラブです。本壇では、メイン展である「寫壇太陽作品展」「寫壇太陽同人展」、そして今回の「寫壇太陽選抜展」と、年間三度の展覧会を開催し続けています。
寫壇太陽の写真に対する姿勢と致しましては、誰が鑑賞しても理解できる内容のなかで、見る人に感動を与え、そして芸術の香りを感じていただける事にあります。これまでにも数多くのプロ写真家を輩出すると共に、ハイアマチュアとして写真活動を続けている会員も在籍しています。
毎年オリンパスギャラリーで開催をさせていただいている「寫壇太陽選抜展」は、必ず特定の課題を設けて、毎年4月から翌年の3月迄の一年間、会員が競作をした作品群を展示しております。『花・艶やかに』『石の微笑』は、定番の課題ですが、今年の特徴は、寫壇太陽が初めて取り組みました『豪華客船』です。昨今は、団塊の世代、高齢者による豪華客船の船旅がブームになりつつあるようです。横浜港には、国内船、海外船の3万トン級から8万トン級まで、世界の豪華客船が訪れ、出港します。日の出から夜間まで、100名近い会員が、一年間横浜港に通い、様々なカメラアングルで入港したすべての船の撮影を続けました。なかには、クイーンエリザベスIIのように航海から引退する貴重な船もありました。日本最大の飛鳥IIは、横浜船籍なので、幾度も撮影しました。同じ船でも多くの撮影者が撮影すると魅力も容姿も異なり楽しめます。
どうぞご来場の上、三つのテーマをご堪能下さい。オールカラー半切マットパネル仕上げで130点を展示致しました。


(c)井上清司

期間
2008年4月24日(木)~5月2日(金)
時間
午前10:00~午後6:00(最終日 午後3:00まで)
会場
オリンパスプラザ 東京 アクセス
休館
日曜・祝日

寫壇太陽

主催 井上清司
名誉芸術学博士
IOND University U.S.A.大学院芸術学部教授
日本写真家協会会員