OLYMPUS Your Vision, Our Future

OLYMPUS IMAGING

ホーム > イベント&キャンペーン > イベント > ギャラリー開催 過去の写真展 > 根本タケシ 写真展「深川散歩」

ギャラリー開催の写真展詳細情報

  • 大阪

根本タケシ 写真展「深川散歩」

「深川」は江戸と言う街の構成から見ると隅田川(大川)の対岸にある。埋め立てにより新興した街区である事からも「ご府内」ではない。この事は両国橋の名前の由来が「武蔵の国」と「下総の国」の両国に架かる橋と言う事からも理解できる。東京駅からも程近くにあるので、今では「江戸の下町」などと言われているが江戸時代は「川向こう」に過ぎなかった。江戸の遊び場<悪所>として栄えたが、住人にはご府内の職人の下職が多く、数多くの大火に懲りた材木商が木場を作ったため、口は悪いが他意は無い「江戸っ子気質」が醸成され、今、下町と言われる所以を作った。
こんな深川をテーマにしようと思ったのはずいぶん昔の事になる。思いばかりが先行し、やっとまとめる事が出来たのは2005年。そこで、2006年2月に「深川散歩」と題して、神田・小川町のオリンパスギャラリーで開催させていただいた。その時のオープニングパーティの席上で「この展覧会を3年間続ける」と見栄を張ってしまった事が舌禍(?)になり、毎年同じ会場で展覧会を開催する機会に恵まれる事になった。今回、3月に開催させていただいた「深川散歩3」はそういう意味では最終章になるべきものである。
このたび、新たにオープンしたオリンパスギャラリー大阪への出展のお誘いを受け、この3回の「深川散歩展」を新たに組み直して展示させていただく事にした。もしかすると見た事のあるような作品があるのはそのせいである。
しかし、「機会」と言うのは面白いもので、3回の展覧会が終わったとたん、これをまとめた展覧会が開催できるとは夢にも思っていなかった。
この度のチャンスを作っていただいたオリンパスプロサポートの皆様に感謝申し上げるとともに、関西の皆様とお目にかかれる事を楽しみにいたしております。


(c)根本タケシ

ギャラリートークは終了いたしました。
【根本タケシ セミナー開催】

「E-3で撮るモノクロ写真の魅力」

日程:4月12日(土) 午後1時~
会場:オリンパスギャラリー大阪
参加費:無料

お申込み・お問い合わせ
オリンパスギャラリー事務局 TEL:03-3292-1934(先着各20名/要予約)

期間
2008年4月10日(木)~4月23日(水)
時間
午前10:00~午後6:00(最終日 午後3:00まで)
会場
オリンパスプラザ 大阪 アクセス
休館
日曜・祝日

根本タケシ(ねもとたけし)略歴

写真家…広告写真、主に物撮りを中心とした仕事の傍ら、深川をライフワークに撮り進める。近年は被写体を深川以外にも求め、モノクロ作品を多く発表している。デジタルには早くから取り組み、関連雑誌への寄稿多数。企画展、グループ展多数。2006年2月第1回「深川散歩」展、2007年2月第2回「深川散歩II」展をオリンパスギャラリーで開催。
早稲田大学中退
東京写真専門学院(現ビジュアルアーツ)卒業
日本写真芸術専門学校講師
社団法人日本写真家協会会員
社団法人日本広告写真家協会常務理事
社団法人日本写真協会会員